やめるときも、すこやかなるときも

 

2020年3月10日に放送されたドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第8話のネタバレです。

第7話のネタバレをまだ見ていない方はこちら

他の話はこちらから!

 

前回7話では、前に進むために真織との思い出の地の松江へ2人で行きますが、前に進めるのではなくやっぱり忘れられないという決断をした壱晴。2人は別れることになり桜子はまだこの世にない新しい椅子を作ってねと言いその場を立ち去ります。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

■スポンサーリンク■

 

【やめるときも、すこやかなるときも】7話のあらすじ(注:ネタバレあり)

別れた2人のその後

前に進めず忘れられないと決断した壱晴(藤ヶ谷太輔)は桜子(奈緒)が立ち去った後も呆然とします。そこに師匠が退院したことを聞き、壱晴は優太(五関晃一)のお店を訪れ、師匠に桜子のことを聞かれ別れたことを報告し、「情けねえな」と一言言われます。

 

そこで優太は、過去に結婚寸前まで行ったが親に反対された女性との話をしようとしますが師匠に「黙れ!!」と止められたのです。

 

一方桜子は彩芽(金澤美穂)に別れたことを話し、「壱晴と真織(中井友望)の間に入る隙間はなかった。後悔はしていない」と伝えます。

 

師匠からの教え

ある日、工房に師匠が訪れてきます。

デザインが思うように思いつかない壱晴を外へ誘い出しました。

 

木材が置かれているお店を訪れ、「迷ったら木に触れ、机に座って書くだけじゃダメ。」と伝えます。

 

そんな壱晴は「別れたけど桜子の椅子を作りたい」と言い、「家具職人は家具で大切な人を支え続けられるいい仕事だ。桜子に見せてやれよ。」と背中を押されたのです。

 

背中を押され、人が変わったかのように家具作りに取り組み、試作を師匠に見せると「変わったな。いいけどもっと苦しめ」と壱晴が変わっていこうとしている姿に気付きはしましたが、いつもと同じく決して褒めてはもらえませんでした。

 

そんなとき桜子は彩芽に合コンに誘われます。好きでもない人たちとお酒を飲みながら話したりしていても壱晴のことが頭をよぎってしまうのです。

 

席を外した桜子を心配した彩芽は声をかけます。そして「壱晴の気持ちが分かったかも。」と誰かを忘れられない感情はこういうものだったのかと思い、心を痛めるのでした。

 

■スポンサーリンク■

 

誰にも寄り添えない

桜子の椅子を作っている壱晴は、やっぱり何か足りない気がしてもう1度木材が置かれているお店を訪ねます。そこで息子さんに師匠が作ったという椅子を見せられるのです。

 

それは師匠が足の悪い母のために時間をかけて作ってくれた椅子で、いつもとても幸せそうな顔で座っていて椅子に込められている思いを感じていたと聞きました。

 

工房に戻った壱晴は、家具で大切な人を支えられる仕事。という言葉の重みを知り不気味な笑みが溢れます。

 

そこに優太が差し入れにきました。

 

壱晴は「今までで1番最高の出来だが、誰かのために椅子を作るというのはどういうことなのか全然分かっていなかった」ということを話すと、優太に「それでもベストを尽くしたのだから桜子も師匠も喜んでくれるだろう」と言われます。

 

その言葉を聞き壱晴は1番の出来だった椅子を投げ飛ばし壊し、「誰にも寄り添えない自分が誰かの人生に寄り添う家具なんて作れない。」と言いました。

 

やめたりしないよな?と聞かれ「やめない。優太みたいに他にできることないし、この先も師匠の作品を作るだけ」という言葉に優太はキレて「工房をくれ」と言うのです。

 

優太が家具職人をやめた理由は、元々師匠の工房だったこの場所を壱晴に譲ったということでした。

 

壱晴は師匠に1度も褒められたことがないと言っていたがそれは職人は思いあがったらおしまい。期待しているからこそ厳しくしているということ。優太の前では「感覚がいい。」といつも褒めていたのです。

 

そして認めないといい優太はその場を立ち去りました。

 

やめるときも、すこやかなるときもを見逃したら?

動画配信サービス「Hulu」なら見逃しても大丈夫です。

 

いつでも好きな時に好きな場所で「やめるときも、すこやかなるときも」をみることができます。

 

 

 

 

【やめるときも、すこやかなるときも】8話の感想・考察

桜子は本気で壱晴のことが好きなんだなと凄く伝わる回でした。

合コンに行っても頭をよぎるのは壱晴であり誰かを忘れられない気持ちをようやく理解したのではないかなと思います。

 

壱晴も大切な人を支え続けられる家具は自分には作れないと行き詰まっている様子が伺えますね。

師匠にも才能は認められていて期待しているからこその厳しさという部分もなんだか考えさせられる内容でした。

 

次回9話では、個展は中止するという報告をし、もう家具は作らないのか?今後どうしていくのか?という部分が気になるところです。

 

そして「この人だけはと思えたのではないか?彼女がいなければこのまま止まっていたままだった」という予告とあり2人の関係にもなにか進展はあるのか…

 

次回にも期待したいです。

 

第7話のネタバレはこちら

第9話のネタバレはこちら

他の話はこちらから!

 

■スポンサーリンク■

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で