やめるときも、すこやかなるときも

 

2020年3月24日に放送されたドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第10話最終回のネタバレです。

第9話のネタバレをまだ見ていない方はこちら

他の話はこちらから!

 

前回9話では、桜子の椅子が完成し中止していた個展もやることを決め桜子に招待状を出しますが封を開けた日は個展最終日で残り1時間もなく急いで向かいます。その頃個展最後のスピーチをする壱晴はまた声でなくなり…。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

■スポンサーリンク■

 

【やめるときも、すこやかなるときも】10話最終回のあらすじ(注:ネタバレあり)

完成した椅子

招待状の中には手紙も入っていてそこには壱晴が桜子(奈緒)に抱いている本当の想いが書かれてあり、「sakurako」という椅子が完成したことも知ります。

個展会場へ急ぎついに椅子を見つけまなんの迷いもなくsakurakoの椅子に座ります。

 

そこで優太(五関晃一)と会い壱晴(藤ヶ谷太輔)の声が出なくなり1人でいることを聞き探しに行きました。

時間は夜になり壱晴は歩道橋の上から声を出そうと叫びますが声は出ません。

そこに必死に走り続ける桜子を見つけますが声は出ず走り去ってしまう姿をただ見つめることしかできませんが最後に「桜子ーーーーー」と叫ぶとなんと声が出たのです。

 

それに気づいた桜子は振り返り壱晴の元へかけよります。

 

椅子に座ったことを報告し、椅子に対する想い、壱晴に対する想いを伝え「抱えているき荷物半分背負わせてほしい」ということを伝えます。

 

壱晴も「好きです。荷物背負わせることになるかもしれないせど、あなたと生きたい。僕と結婚していただけませんか」とプロポーズするのです。

 

そして、キスをし抱き合う2人でした。

 

実家に挨拶へ

結婚の報告に来た壱晴は父親の帰りを待ちます。

2時間ほど待ち帰宅した父はその場を立ち去ろうとしますが妹が止めます。

 

壱晴は自己紹介をし、「桜子さんと結婚します。許可をもらいにきたのではなく報告に来た。」ということを伝え、それを聞いた父は家具職人の収入などを心配し桜子を食べさせていけるのかなどと大声をあげました。 

 

2人で働けば…という壱晴に殴りかかろうとする父に桜子は動き「今まで父親らしいこと1つもしてくれないのにこんなときばっかり普通の父親みたいなことを言わないでよ」と言います。

 

■スポンサーリンク■

 

父親は桜子を投げ飛ばしますがそこで母は平手打ちをするのでした。甘えるのもいい加減にしなさいと初めて声を上げた母に放心状態の父は「こんなはずじゃ…桜子を世界で1番幸せにするはずだった。宝物みたいに育ててきた」と言うのです。

 

壱晴はこんな素敵な女性に育ててくれたことを心から感謝してると伝え、桜子は壱晴と世界で1番幸せになると2人の気持ちを伝えます。

 

「お前なんか娘じゃない。2度と顔を見せるな」と父親は家を飛び出したのでした。

 

寒い日なのに上着を着ず飛び出した父親を追いかけた2人は川岸で泣いている父親の姿を見つけます。そっと上着をかける桜子だったのです。

 

前に進む壱晴

師匠の椅子のオーダーばかり入る壱晴のところについに「sakurako」の椅子のオーダーが入ります。やっと自分が作った椅子のオーダーが入ったのです!

 

帰り道、桜子から早く帰れそうだから夕飯作るねという連絡が来ますが、そこに…踏切の向こうに真織の姿が見えたのです。 

 

「俺、真織がいない世界を生きてもいいかな」

と言い、電車が過ぎたあとそこに真織の姿はありません。

「ありがとう。さようなら。」といいその場から去るのでした。

 

家に帰るとsakurakoの椅子に座ったまま寝る桜子のもとに行き、手を握ります。

「おかえり。いちはるさん。」

「ただいま。桜子」と言葉を交し、抱き合う2人でした。 

 

やめるときも、すこやかなるときもを見逃したら?

動画配信サービス「Hulu」なら見逃しても大丈夫です。

 

いつでも好きな時に好きな場所で「やめるときも、すこやかなるときも」をみることができます。

 

 

 

 

【やめるときも、すこやかなるときも】10話最終回の感想・考察

やっっと前に進めたのですねよかったという言葉しかでできません。

どれこれも桜子という素敵な女性がいたからこそ過去にとらわれていた壱晴も前に進むことができたのだと思います。

 

ハッピーエンドでとても気持ちよく最後を終えることができました。

 

このドラマを通して伝えたいことがある相手には後回しにせず伝えたいときに伝えることが大切なんだなと思いました。

また、人間いつ死ぬのか分からず後悔してからでは遅いので1日を大切に生きようと思わせてくれるドラマでもありました。

 

この2人はこの先立ち止まることもあるだろうけど結婚という方向で終えることができてよかったです。

第9話のネタバレはこちら

他の話はこちらから!

 

■スポンサーリンク■

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で