pet(ペット)
出典:https://anisong-station.jp/archives/7887

 

2020年3月2日に放送されたアニメ「pet(ペット)」第9話「風の道」のネタバレと感想です。

8話のネタバレをまだ見ていない方はこちら

他の話はこちらから!

 

司は北京で「会社」の「社長」たちと会見し、今後の行動計画の打ち合わせを行います。

しかしそこで司に想定外の出来事が。

激しく動揺に怒りに打ち震える司は絶望の中でヒロキのことを思い浮かべるのです。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

■スポンサーリンク■

 

アニメ【pet(ペット)】第9話「風の道」のあらすじ(注:ネタバレあり)

ヒロキは運び込まれた病院で風の「イメージ」を感じとり、その持ち主を探し始める。

ヒロキは栄養失調で「会社」の息のかかった病院に運び込まれました。

身代わりの記憶操作をして早くこの場から立ち去るよう促す柏木の裏をかいて、その身代わりもろとも柏木を眠らせることに成功したヒロキ。

 

彼は柏木が身代わりを連れてくる間に閉じた空間の中に吹く風を感じていました。窓を見て自分の髪が全く動いていないことに気づいた彼は、この風が「イメージ」だということに気づき、その持ち主を探そうと捜査を開始します。

 

ヒロキが病院に運び込まれてうろたえるロンを、「会社」の「社長」が諭す

ヒロキが病院に運び込まれたと報告が入りうろたえるロン。それが司の差し金とまで勘ぐっています。

病院に匿っている人物は「pet」たちにとってかなりの重要人物なようです。

 

そんな過度に心配性のロンを「社長」は匿っている人物のいる部屋には誰も入れないようにしていて、その人物と面識のないヒロキが気づくハズがないと諭します。

 

司の言うことしか聞かないヒロキの危険性を訴えるロンに、「社長」は「pet」たち同士のの特別な絆を首に繋がれた鎖に例えてそれが彼らの最大の弱点だと指摘し、だから「pet」たちをコントロールするために匿っている人物を生かしてあるのだとロンに言い聞かせます。

 

悟や司の名前を出しているので匿っている人物はもしかして・・・。

 

「イメージ」の持ち主がいる部屋を発見。部屋に入ろうとしたその時。

眠った身代わりと柏木を置いてヒロキは風の「イメージ」をたどって地下の安置室にたどり着いたヒロキは鍵のかかったその部屋を無理やり開けようとしたところ、病院の守衛に見つかってしまいます。

 

その守衛から鍵の在り処を聞き出そうとしたヒロキは、その守衛が催眠術で部屋を開けると家に強盗に入られると思い込まされている暗示をかけられていると知り、逆に開けないと強盗に入られると暗示を上書きして安置室に入ることに成功します。

その部屋にいた人物とは一体誰なのでしょうか。

 

■スポンサーリンク■

 

司が「会社」の「社長」たちと会見。胸に秘めていた策謀を実行に移しますが、「社長」に先手を取られてしまう。

司が「会社」の「社長」の「息子」になることが決定しました。養子縁組までするようです。

 

食事をしながらの会談で司はかねてから計画していた悟をメイリンに会わせる策を実行しようと「社長」と交渉しますが、逆に「社長」は司が林を潰したことを知られては困るから悟と会うなと忠告し、さらにヒロキを「会社」のいうことを聞くようにしつけて「会社」に引き渡せと命令します。

 

それでは林と同じ立場になってしまう司は激しく動揺し、嘔吐してしまいます。

その絶望的な状況下で司はまたある策謀を思いつきます。それはヒロキに一緒に仕事をしている悟を潰させるということでした。

 

ヒロキは開けられた部屋で見たくなかった真実を知る。

ヒロキが部屋で見た「イメージ」を持つ人物。それは司に潰された林でした。

「イメージ」を持つ能力者は「ヤマ」や「タニ」が「イメージ」の力で他人から分けられたものなので、たとえ潰されても「イメージ」が自動で防御的に働くので潰れるのに時間がかかるようです。

 

なにか手がかりを探そうと金魚になって林の精神に侵入したヒロキは死体や内臓で満たされた血の海の「ヤマ」にたどり着きます。

その中でヒロキは細切れになった林の「イメージ」に触れ、林が司や悟と分断されて「会社」の仕事をさせられていること、司や悟を「会社」は「pet」と呼んでいるということを知ります。(ヒロキはそのことを初めて知りました)そしてヒロキが知った何より重要なことは、林は司の「ヤマ親」であるということ、そしてその「ヤマ親」の林を潰したのは司だという事実でした。

 

「pet」にとって誰よりも大切なはずの「ヤマ親」を潰すという重すぎる事実を前にヒロキは嗚咽するしかありませんでした。次回!

 

■スポンサーリンク■

 

アニメ【pet(ペット)】第9話「風の道」の感想・考察

ヒロキ固有の能力が物語に嵐を呼ぶ

司は「社長」との会談で林を潰した経緯を報告していましたが、その中で唯一「社長」に報告していないことがあります。

それはヒロキの他者の「イメージ」が現実世界で見えてしまうという魚群探知機のような彼固有の能力です。

司はヒロキからそのことは聞いていましたがそれはヒロキの「ヤマ」に入って正気に戻る前の潰れた状態だったので記憶できなかったのでしょう。

 

もし司がそのことを記憶していて、それを「社長」に報告していたら「社長」はどう対応したのでしょうか?このあとの話を知っている私としては色々想像したくなりますね。

このヒロキの行動で物語は急展開を迎えます。

 

8話のネタバレはこちら

10話のネタバレはこちら

他の話はこちらから!

 

■スポンサーリンク■

 

あわせて読みたい記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で