pet(ペット)
出典:https://anisong-station.jp/archives/7887

 

2020年2月3日に放送されたアニメ「pet(ペット)」第5話「鍵」のネタバレと感想です。

4話のネタバレをまだ見ていない方はこちら

他の話はこちらから!

 

林が奪った「会社」の車に乗り込んだ司は昔のことを懐かしみます。

しかし林はメイリンという子供を「ベビー」と呼ばれる「潰し屋」にしたことを後悔し、「ベビー」を作り続けるか悟を潰すか選べと脅迫されて「会社」を抜けたと告白します。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

■スポンサーリンク■

 

アニメ【pet(ペット)】第5話「鍵」のあらすじ(注:ネタバレあり)

林と司、決裂

車で逃走中に林が司に悟を連れて逃げることを見逃すよう説得しますが、逆に司は「会社」から林を潰せと命じられたと告白し、「会社」への忠誠心を表します。

しかし「会社」への忠誠も、元は特別な存在と認識している林から命じられたことです。

 

この矛盾に耐えられなくなった司はその場で泣き崩れてしまいます。

 

悟とジン、ホテルのバーで接触

場面は変わって悟を尾行中のジンは「会社」経営のホテルのバーで悟と接触、ホテルに缶詰めでむしゃくしゃしていた悟はジンに暗示をかけて部屋に連れ込もうとしますが、途中でジンに暗示が破られてしまいます。

 

その後逆にジンにVIPルームに連れていかれた悟は「会社」の「社員」にならないかとスカウトされますが、彼女の本当の目的は悟の情報収集。

しかし悟もジンとの「会話中」に彼女の情報を聞き出して年齢、所属、「社長」と親戚というところまで推論を立てました。

 

悟の「潰し屋」の能力だけでないスパイ能力の高さがうかがわれます。それにひきかえジンは余計なことまでしゃべりすぎですね。

 

ついに始まる「潰し屋」同士の精神世界バトル

司の精神に侵入した林、その中にいた司はまだ情緒不安定なのか冷静沈着な彼には似つかわしくないほど林への挑発を繰り返します。

自分を潰さないと悟を潰すと脅された林は司の抵抗を振りほどいで精神の奥底へ侵入していきます。「水」のイメージを持つ司は、「風」のイメージを持つ林と相性が悪いようで全く抵抗できません。

 

司の精神をさまよい続けた林は大きな水槽の中にいる子供時代の司とヒロキを見つけます。

そこで司はヒロキに「ヤマ」を「タニ」で囲んで自分たちの心を守る「鍵」という方法を教えています。

」は頑丈なので万全だと挑発する司に林は水槽の中にいるはずのない猟犬を発見、それが「タニ」に侵入する「鍵」だと認識した林は侵入を開始。

またも抵抗できない司に浮かぶ笑みは何を意味するのでしょうか。次回!

 

 

■スポンサーリンク■

 

アニメ【pet(ペット)】第5話「鍵」の感想・考察

この回もエピソードシャッフル

今回は林と司の交渉決裂から二人が車を飛び出した後、二人の精神世界バトルに入る前に、悟がジンとホテルでお互いの持っている情報を聞き出しあうというエピソードを挿入していました。

今回はマンガの通りに進むと、ネタバレのシーンがあるシーンより先に放送されてしまいますのでここもうまいやり方だと思います。

 

なるほど「pet」は記憶操作できる能力者たちの物語なのでエピソードをシャッフルしてもそれほど違和感を感じさせませんね。

まるで劇中の「潰し屋」が我々視聴者に記憶操作を仕掛けているような感覚を覚えます。

 

ヒロキ、司、悟の「ヤマ」の考察

この3人とも「ヤマ親」から引き離されてたり、逆に出会ったりしたときに例外なく情緒不安定になっています。

それは彼らにとっての「ヤマ」とはあくまで「タニ」から逃れる避難所でしかなく、ただ「ヤマ親」から分け与えられた風景でしかありません。彼らには「ヤマ親」と自由に話せる空間という状況が出来て初めて「ヤマ」の存在する意味が生まれます。

 

彼ら3人にとって「ヤマ親」がそばにいない「ヤマ」など逆に苦痛でしかないのです。

4話のネタバレはこちら

6話のネタバレはこちら

他の話はこちらから!

 

■スポンサーリンク■

 

あわせて読みたい記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で