「ハリー・ポッター」シリーズのフル動画を見るならU-NEXT

今すぐ簡単登録して1作目から見る!

 

\31日間無料お試しキャンペーン中/※無料期間中に解約すると料金は一切発生しません。

■スポンサーリンク■

マックくんマックくん

ハリーポッターシリーズの見る順番について調べてみたよ♪

 

映画「ハリー・ポッター」シリーズを見るにあたって

  • 公開年ごとの順番がわかりにくい
  • どれから見るのが一番楽しめるのだろう?
  • あのタイトルの次は何を見たらいいんだろう?
  • 8作品もあるから主要作品だけ観たい

などと思った事があるかもしれません。

 

そこでこちらのページでは、

映画「ハリー・ポッター」シリーズを見るおすすめの順番について書いています。

なお、一番おすすめの順番は単純に公開年ごとに視聴するという事なのですが、ハリポタはタイトルで何作目なのかがわかりにくいです。

 

なので、タイトルも時系列順に紹介しているのでぜひ参考にして下さい♪

 

■スポンサーリンク■

 

おすすめは時系列

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
出典:U-NEXT

 

まずは時系列ごとにタイトルを紹介します。

タイトル 公開年月日
賢者の石 2001年12月1日
秘密の部屋 2002年11月23日
アズカバンの囚人 2004年6月26日
炎のゴブレット 2005年11月26日
不死鳥の騎士団 2007年7月20日
謎のプリンス 2009年7月15日
死の秘宝 PART 1 2010年11月19日
死の秘宝 PART 2 2011年7月15日

※「ハリー・ポッターと」部分を省略しています。

 

タイトルを公開年月日の時系列で並べるとこのような順番となっています。

途中途中のタイトルを単発で見ても楽しめるのは楽しめるのですが、やはり一番のおすすめは第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」から順番に見ていくことです。

ストーリーのつながりがあるので単品で見るよりも数倍、いや数十倍楽しめる!?

 

8作品もある!と、あなたはお思いかもしれませんが、週2ペースで視聴していくと約1ヶ月で全て見る事ができます。(その気になれば1~2日で見る事も・・・)

 

なお、動画配信サービスのU-NEXTでは全8作品が配信されていますよ。(ファンタスティック・ビーストも!)

⇒ U-NEXTでハリーポッターシリーズをイッキ見する!

 

 

ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第1作品目

日本でのキャッチコピーは「ハリー・ポッターが日本中のスクリーンに魔法をかける!」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと賢者の石
原題 Harry Potter and the Philosopher’s Stone
公開年月日 2001年12月1日
監督 クリス・コロンバス

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと賢者の石

 

ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第2作品目

日本でのキャッチコピーは「ドビーめは警告しに参りました。」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと秘密の部屋
原題 Harry Potter and the Chamber of Secrets
公開年月日 2002年11月23日
監督 クリス・コロンバス

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと秘密の部屋

 

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第3作品目

日本でのキャッチコピーは「僕らは、変わる。」

 

原作タイトル ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
原題 Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
公開年月日 2004年6月26日
監督 アルフォンソ・キュアロン

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第4作品目

日本でのキャッチコピーは「ついに決戦の時だ、ハリー」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと炎のゴブレット
原題 Harry Potter and the Goblet of Fire
公開年月日 2005年11月26日
監督 マイク・ニューウェル

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと炎のゴブレット

 

■スポンサーリンク■

 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第5作品目

日本でのキャッチコピーは「これからお前は[すべて]を失う」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
原題 Harry Potter and the Order of the Phoenix
公開年月日 2007年7月20日
監督 デヴィッド・イェーツ

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

 

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンス
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第6作品目

日本でのキャッチコピーは「クライマックスは、ここから始まる!」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと謎のプリンス
原題 Harry Potter and the Half-Blood Prince
公開年月日 2009年7月15日
監督 デヴィッド・イェーツ

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと謎のプリンス

 

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第7作品目

日本でのキャッチコピーは「ついに、完結へ。」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと死の秘宝
原題 Harry Potter and the Deathly Hallows
公開年月日 2010年11月19日
監督 デヴィッド・イェーツ

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと死の秘宝

 

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
出典:U-NEXT

 

ハリーポッターシリーズ第8作品目

日本でのキャッチコピーは「これが、最後。」

 

原作タイトル ハリー・ポッターと死の秘宝
原題 Harry Potter and the Deathly Hallows
公開年月日 2011年7月15日
監督 デヴィッド・イェーツ

参考:Wikipedia/ハリー・ポッターと死の秘宝

 

「1」「2」「3」・・・とならなかった理由

「ハリー・ポッター」シリーズが、

「ハリー・ポッター」「ハリー・ポッター2」「ハリーポッター3」・・・

とならなかった理由について、著者「J・K・ローリング」は名言していないようです。

 

なので、憶測として以下のことが考えられます。

  • 当初はシリーズ化を考えていなかった
  • 小説特有のタイトル(タイトル+副題)
  • 1作目から8作目まで全部あわせて1つのストーリー

 

いずれにせよ、あくまでも憶測です。

著者「J・K・ローリング」が名言しない限りは答えはないでしょう。

 

 

まとめ

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
出典:U-NEXT

 

映画「ハリー・ポッター」シリーズは、時系列順に観るのが一番おすすめです。

1つ1つ単品で見ても楽しめるには違いないのですが、ストーリーのつながりがあるので、できれば公開年の順番で!

 

公開年ごとの順番は以下の通り

  • 賢者の石(2001年)
  • 秘密の部屋(2002年)
  • アズカバンの囚人(2004年)
  • 炎のゴブレット(2005年)
  • 不死鳥の騎士団(2007年)
  • 謎のプリンス(2009年)
  • 死の秘宝 PART 1(2010年)
  • 死の秘宝 PART 2(2011年)

※「ハリー・ポッターと」部分を省略しています。

 

なお、動画配信サービスのU-NEXTでは全8作品が配信されていますよ。(ファンタスティック・ビーストも!)

⇒ U-NEXTでハリーポッターシリーズをイッキ見する!

 

マックくんマックくん

最後まで読んでくれてありがとね♪

 

本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

[公式] U-NEXT<ユーネクスト>

 

■スポンサーリンク■

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で