ライフカードcm2

https://www.youtube.com/watch?time_continue=25&v=j6LGDKohft0より引用)

クレジットカード会社ライフカードが新しいCMを公開。

新CMには

「生まれ変わりたい」

「新しい世界にいけば何かが変わる」

と屋上で1人芝居する女優・國森桜さんが登場します。

 

今回はこのライフカード新CMに出演する國森さんに注目!

國森さんのプロフィール経歴をサクッと紹介したいと思います。

 

同CMをみて

「この白いワンピースの女の子は誰だろう?」

と気になった方は、ぜひご覧ください。

※記事の内容は掲載時のものであり、最新情報と異なる場合がございます。予め、ご了承ください。

Sponsored Links

◆女優・國森桜さんのプロフィール

國森桜

(https://www.4dollars50cents.com/profile/member.php?id=1001721より引用)

名前:國森桜(くにもり さくら)

生年月日:1999年4月2日

身長:155.8㎝

出身地:広島県

趣味:小説を探しに行くこと

特技:楽器を吹くこと

國森さんは秋元康さんがプロデュースする劇団4ドル50セントの劇団員として活動をしています。

ラマちゃんラマちゃん

今回のCM出演も自身のSNSで告知しているよー

◆國森さんについてもぅ少し掘り下げっ!

ライフカードcm3

(https://www.youtube.com/watch?time_continue=25&v=j6LGDKohft0より引用)

國森さんは元々モデル志望。

夢を叶えるため、高校生の時からたくさんのオーディションを受けていました。

ラマちゃんラマちゃん

東京でオーディションを受けるため、地元でバイトし飛行機代を工面していたんだって!

高校生でここまで熱意をもって取り組めるってすごいですよね。

自分が高校生のときにここまで熱意をもってしたことがあったかと・・・(苦笑)

 

話がそれたので、元に戻しますw

 

そんな國森さんの転機となったのが現在所属する劇団4ドル50セントのオーディションです。

このオーディションで國森さんは見事合格!

晴れてショービズの世界に進むこととなりました。

 

モデル志望で演技経験ゼロだった國森さんがなぜ、劇団オーディションに応募したのか。

それについて國森さんはこのように公式ブログで語っています。

この劇団オーディションの「やってみなきゃわからない」というフレーズが心に響き、

自分の未来を1つ切り開けたらなと思ってオーディションを受けました。

(https://ameblo.jp/4dollars-50cents/entry-12303944018.html)

 

劇団員として演劇に出演する國森さんですが、そのほかにも

・「smart」

・「SPA!」

・「Top Yell」

・「CanCam」

といった雑誌にモデルとして登場。

 

単独でグラビア出演をしたときには

ラマちゃんラマちゃん

可愛すぎるっっ!!

と話題を集めました。

國森さんはテレビドラマ『海月姫』の第2話に女優としても出演しています。

Sponsored Links

◆國森さんが所属する劇団4ドル50セントってそもそも何?

劇団4ドル50セント

(https://twitter.com/sakura_chansakuより引用)

劇団4ドル50セントは先に述べたように秋元康さんがプロデュースするエンターテインメント集団です。

劇団名の由来は秋元さんがファンであるジャニス・ジョプリンが亡くなったときに握っていた小銭の合計金額とのこと。

 

活動範囲は演技のみにとどまらず、モデル・バラエティ番組ほか音楽番組に出演するなど多岐にわたります。

ラマちゃんラマちゃん

ここから新たなスターが生まれる可能性も高いってことだね!

Sponsored Links

◆まとめ

ライフカードcm1

(https://www.youtube.com/watch?time_continue=25&v=j6LGDKohft0より引用)

企業名 ライフカード
商品名 ライフカード
公開日 2019年6月3日~
出演者 國森桜さん

國森さんは

「自分がでてるからこの作品がみたい!と言われるような女優になりたい。」

と公式ブログで夢を語っています。

このCM出演がきっかけで注目をあつめ、夢実現の1歩になるといいですね。

 

以上、CM出演者情報でした。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

また別の記事でお会いしましょう♪

Sponsored Links

◆ピックアップ関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で