出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

スポンサーリンク

【この記事はDRA(ドラ)が担当】

ドラくんドラくん

バチェラージャパンシーズン2エピソード第7話のネタバレを紹介しています!

前回のバチェラージャパンシーズン2エピソード第6話ネタバレは、以下の内容でした

 

・気球の上でツーショットデート(野田あず沙)
・森に囲まれて二人だけの秘密のお散歩デート(桃田奈々)
・大自然を満喫グループデート(安藤きらり・福良真莉果・桃田奈々)
・草津温泉デート(若尾綾香)
・ローズセレモニー脱落(安藤きらり・桃田奈々)

 

下記の関連記事から、エピソード第6話の内容が見れますよ〜

<バチェラージャパンシーズン2関連記事>
バチェラーシーズン2-6話(軽井沢)のネタバレと脱落者の女性を紹介!

 

そして、エピソード第7話の舞台のネタバレとしては、デート場所は東京でアーバンデート(一部、大阪デートもあり)

 

エピソード第7話で残っている5人の女性は

<小口那奈子>

出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

<倉田茉美>

出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

<野田あず沙>

出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

<福良真莉果>

出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

<若尾綾香>

出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

 

まだ一度もツーショットデートをしてない福良さんは、毎回脱落しそうで脱落せずに残っていますw

 

そして、「軽井沢」から東京に戻って来た5人の女性は、「GRAND NIKKO TOKYO DAIBA」のホテルに到着

 

ゴージャスで広い部屋に興奮する5人(一番はしゃいでいるは福良さんでしたww)

 

そして、5人がホテルのソファーにかけ、シャンパンを飲んでいると、スーツ姿で坂東工さんが登場・・・

 

バチェラージャパンシーズン2エピソード第7話のネタバレは、以下の内容で順に紹介しますね〜(関連記事含む)

 

・ホテルの部屋でグループトーク

・チャペルツーショットデート

・大阪ツーショットデート

・アーバンナイトツーショットデート

・カクテルパーティー

・ローズセレモニー

 

はたして、今回は、どの女性が脱落するのか・・・

スポンサーリンク

ホテルの部屋でグループトークのネタバレ

本日の予定を発表する前に、皆さんにご報告があります・・・と坂東さんが話す

 

「今回のローズセレモニーでローズを受け取った方、その方はご実家に戻っていただいて、バチェラーを迎える準備をしていただきます」

 

「つまり、バチェラーから、皆さんのご家族にご挨拶をさせていただきたい考えています」

 

前回、温泉旅行に行った若尾さんは、「家族に会いたい」とバチェラーに言われているので、余裕の状況

 

本日の予定は、バチェラーが皆さんと話をしたいってことで、この後、ホテルの部屋にバチェラーが来ることを発表する坂東さん

 

しばらくすると、バチェラーが黒のタートルネックが似合う格好で登場

 

左から、「若尾、野田、バチェラー、小口、倉田、福良」の順でソファーで談笑

 

野田さんがバチェラーに「よくどこに行くの?」と質問

 

バチェラーは、「東京だと、週末は車に乗るので、鎌倉に行って、カフェ行って、蕎麦屋に行ったり」っと話す

 

次に、バチェラーが皆はどこでデートを質問し、「(若尾)綾香はどこに行くの?」っと質問

 

他の女性達からも、前の彼は知らないと言われ、若干、しどろもどろしている若尾さん

 

若尾「お家に来たら料理するし、それが友達でも泊まったら、洗濯物を洗ったり」っと、いつもに比べ、歯切れが悪く、シドロモドロ話す

 

<その時の若尾さんの印象をバチェラーは>
「照れ隠しなのか、自分はまだまだ公開しないって部分が見えて、気になっちゃんですよね、本当に」と、後からソロコメント

 

若尾「普通だよ、普通、普通」っと、必死に弁明みたいに話している状況で、別の話の話題に切り替える

 

福良「私、カップルシートがいい」

 

バチェラー「カップルシートの方が、距離あるよ」

 

福良「えー、やだー、じゃーやめる」www

 

バチェラーを含む、四人の女性が笑っている中、若尾さんは浮かない表情でシャンパングラスを飲む

 

後にソロインタビューで、「過去の話をするのが苦手」っと告白する若尾さん

 

そして、バチェラー「東京は、始まったばかりで、いくつかデートを考えていて、今夜、実は、お一人の方の時間をお借りして、二人でデートに行きたいと思っている」と話す

 

皆の前で、「福良真莉果さん」っとバチェラーが話すと、本当に嬉しさと驚きで腰を抜かして、ソファーに崩れ落ちる福良さん(この場面は、ぜひ、動画で観てもらいたいですwww)

 

嬉しくて返事する前に腰を抜かした福良さんを起こし連れて、他の四人の女性に頭を下げて部屋を出るバチェラー

チャペルツーショットデートのネタバレ

バチェラーが福良さんを連れて向かった先は、「GRAND NIKKO」内のチャペル

 

バチェラーが、福良さんとは、いつも楽しく話したりしているけど、「結婚と考えたら先のこともそうだし、家族のこともそうだし」っと、そう言う話を落ち着いて話して聞くタイミングがなかったと話す

 

バチェラーの話を満面の笑顔で身体で喜びを表現して、手を繋ぐ二人

 

二人だけのロマンティックな席を用意され、バチェラーが福良さんをエスコートして座る

 

家族の話にベクトルを向けて、トークが始まり空気が変わる

 

バチェラー「俺の1個知りたい部分があって、真莉果って太陽光系のさ、すごく暖かくて優しくていつも皆の前だと、明るくて」

 

「でも、きっと、人としての影の部分とか陰の部分とかって、あるんじゃないかな〜と思うし」と話し、福良さんがウンウンと頷く

 

隣同士に座っている二人、福良さん側のバチェラーの手がシャンパングラスがあるため、逆の手に持ち替えて手を繋ぐ

 

福良「じゃ〜私の家族の話し」

 

バチェラー「うん、家族の話し、ぜひ聞きたい」

 

笑顔から真面目な表情になる福良さん

 

福良「うちの家族、再婚同士なんだ」

 

福良「なんか、私の家族、今の家族は、本〜〜〜当に明るくて、一人一人が活き活きしていて、だけど・・・」

 

「今の家族になるまでに、本当に色々あって、前のお父さん、私の本当のお父さんは、凄い酷かったの」

 

「私の母に対しても、私たち兄弟、姉と弟がいるんだけど、私に本当に酷くて」過去のことを思い出し、悲しい表情になる福良さん

 

「うちら兄弟は、母の姿を見て、お願いだから離婚してくださいって、目を見て言って、離婚した、それが中学の時、中学三年生の時かな」

 

バチェラー「中学三年生の時か」

 

前の本当のお父さんのことが今でもトラウマになっていることをバチェラーに話す福良さん

 

福良「辛かったけど、でもリンちゃんのことが、本当好き、目を見て話したいっと思ったし、これで受け入れてもらえなくても、それはそれでいいかなって」

 

バチェラー「いやいや、ひく訳ないじゃん」っと、福良さんの肩にそって優しく手を回し、「ひく訳ない、大丈夫」と優しい口調で話す

 

「勇気を出して言ってくれて本当に嬉しいし、ありがとう、でも俺は・・・」

 

「そんなこと聞いて、一歩たりともひかないし、むしろ一歩前に進んでいる、」

 

「(福良)真莉果と過ごす時間を、今まで以上に、めちゃくちゃ大事にしたいし、」

 

福良「受け入れてありがとう」と泣き崩れた表情と声になる

 

バチェラー「よしよし、本当にありがとう」っと優しく擦り寄って来る福良さんを抱きしめる

 

「どんなに辛い敵でも、涙一つ見せないで」っと、母親の話をする福良さん

 

バチェラー「会ってみたいな」

 

福良「(母親)私の十倍くらい元気」

 

笑顔で談笑する二人

 

福良「本当に感謝している、あんな太陽みたいな人はいないと思う」

 

バチェラー「ごめん、真面目な話をしている中で」っと福良さんの話を中断させ、「ちょっと目をつむっていて」と話す

 

素直に目を閉じ、されに自分の手で目を隠す福良さん(かわいいww)

 

バチェラー「じゃ、目を開けてください」

 

福良さんが目を開けると、バチェラーの手には「ローズ」・・・ではなく、梱包されて包まれたモノが

 

バチェラー「誕生日プレゼント」っと、福良さんに「グレーのストール」を渡す

 

「可愛いーーー」っと大喜びで嬉しがる福良さん

 

最後は、長めのハグをする二人

 

4人の女性が居るホテルの部屋に戻り、貰った「グレーのストール」を自慢する福良さん

 

ローズを貰っていないことを喜ぶ女性数人www

 

盛り上がっているその場に、坂東工さんが予告もなく登場!

 

こちらには、次回のデートのお誘いが・・・っと、スーツの内ポケットから手紙を取り出し読み上げる坂東さん

 

「今回のデートは、ツーショットデートです」

 

「僕の思い出の場所に、あらたな思い出の1ページを」

 

「参加者は・・・若尾さん」

 

「若尾さんに参加していただきます」

 

「それでは若尾さん、明日の朝、リムジンが迎えに参りますので、それまで準備をお願いします」

 

「それでは」っとその場を離れる坂東工さん

 

野田「どういう気持ち」っと若尾さんに話しかける

 

若尾「嬉しいよ」

 

若尾「支度があるから、パックしないと」と、皆が居るソファーから立ち上がる

 

女性の一人が「テカリ過ぎないようにね〜」っと話すと

 

若尾「輝きが止まらないから」っと応対し、「おやすみなさーい」っと手を振るw

 

翌日、迎えに来たリムジンに乗り込む若尾さん

スポンサーリンク

大阪ツーショットデートのネタバレ

大阪で待つバチェラ元に着いた若尾さん

 

バチェラー「大阪まで、来てくれて、ありがとう」

 

若尾「まさか大阪に来れるなんて思っていなくて、本当にビックリした」

 

バチェラー「東京とか言っておきながらね、昨日」、「それはそれで、ぜひ行きましょう」

 

リムジンでシャンパンを飲みながら、バチェラーの思い出の場所に向かう二人

 

若尾「えぇ、何ここ?」

 

バチェラー「ここはですね、私の母校、PL学園です」

 

若尾「えー、広い」

 

バチェラー「これ本当に、十何年振りに来たんだけどさ」

 

バチェラーが18歳の時まで過ごした場所を手を繋いで歩く二人

 

体育館、食堂、寮とか、色んなモノを紹介しながら、バチェラーのセンチメンタルジャーニーに、若尾さんを同行させる

 

若尾「いいねぇ、なんか、林太郎の母校が知れるって」

 

バチェラー「高校時代って、うちの高校って男女交際禁止」

 

若尾「そうなんだ」

 

裏でコッソリお付き合いしても手を繋げないから、女性に近付いて腰に手を回し写真を撮るくらいが俺の限界っとバチェラーが告白

 

さらに、バチェラーが中学三年生の時に好きな人に告白してフラれたことも暴露

 

初めて告白してフラれた校舎の場所を若尾さんに教えるバチェラー

 

バチェラー「綾香の高校時代ってどういう・・・絶対にモテたでしょう、それなりにさ」

 

若尾「そうだね、否定はしない」っと笑顔で回答w

 

若尾「私はね〜、私は部活一生懸命してたから・・・って感じ」

 

さらにバチェラーが一歩踏み込み質問

 

バチェラー「初めて、ちゃんとお付き合いした彼氏って」

 

若尾「彼氏は、高校一年生」

 

少し談笑して、座っていた場所から立ち上がり、手を繋いで次の場所に向かうため、リムジンに乗る

 

今度は、親友が経営しているカフェに向かう二人

 

カフェの前に着くと、バチェラーの親友の男性が登場

 

親友「おお、林太郎」っと、バチェラーと軽くハグして背中をポンポン

 

<バチェラーが親友のカフェに若尾さんを招待した理由>
「綾香さんの信頼を勝ち取るためには、僕が言うだけじゃなくて、僕のことをよく知ってくれている人が、根掘り葉掘り話した方が、信憑性があるかなって思って」

 

バチェラー「若尾綾香さんです」っと親友に紹介

 

若尾「よろしく、お願いします」

 

バチェラー「僕の中高の同級生」

 

親友「だから林太郎の昔の話しも、たくさん知っているので」

 

若尾「えー、聞きたいです」っと笑顔で口元を手で隠す

 

バチェラー「それを聞いてもらいたいなって思って」

 

カフェの中に入る三人

 

バチェラーが真ん中に座り、左右に親友、若尾さんが座る

 

親友が色々と探して来たんだけどっと、二人の写真が写っている学生時代の卒アルを出す

 

「マジ?」っと驚いた表情のバチェラーと、「それは、もしかしての」っとテンション高めの若尾さん

 

「アルバム見たい?」話しかける親友に、嬉しそうな表情の若尾さんが即答で「見たい」と反応

 

アルバムのページを見開き、「高校時代の林太郎」と指で写真に写るバチェラーを紹介する親友

 

自分の写真を見たバチェラーは、「うわぁ、気持ち悪い」っと苦笑い

 

若尾「なんか、眉毛が、ちょっと」っと、バチェラーの高校時代の眉毛が細いことに気付く

 

さらに親友が、バチェラーの高校時代の彼女を卒アルで若尾さんに紹介

 

若尾「やっぱ、さっき、チラっとめくった時に、可愛いなと」反応

 

初めてお付き合いした彼女であることを若尾さんに説明するバチェラー

 

若尾「女性遍歴、タイプとかも色々知っている」っと話していると、即「知っている」と自信満々に回答する親友

 

若尾「林太郎の女性の好みは?」っと尋ねると、親友「オッパイ星人でしょう」っと回答ww

 

若尾「そうなんですか」っと、少し驚きながら笑顔で反応

 

バチェラーはなんて答えるかと思いきや、「走っている女子を見ていたよね」っと親友を目で見て確認

 

その後、カフェで親友と別れ、夕日が見える海辺に移動する二人

 

若尾「わーキレイ」、バチェラー「メッチャキレイだね」、若尾「眩しい」、バチェラー「あぁ、キレイだな」、若尾「うん、凄く」

 

バチェラー「あらためて言うけど、大阪に連れて来れて、母校、俺も久し振りな感覚で行けたから、それについて付いて来てくれてありがとうと思うし」と話し出す

 

「どうだろう、ここまで歩んで来て、俺に対しての印象というか、ど、ど、どういう風に思っているのか、やっぱり知ってみたいなって思うし」

 

若尾「林太郎のこと・・・ちょっと待って、なんかね・・・ちゃんと話すね」

 

「今までやっぱり、こうたくさんアプローチをしてもらったりして、その中で、やっぱりちょっと、辛い思いをしたことがあって」

 

「なんか危ない目もあったことがあって、やっぱりみんなこう、見た目からも入るし、そういうので、人間不信じゃないけど、本当なのかなって」

 

「私の、包装紙の部分ではなくて、中身を見てくれているのかなとか、そういうので」

 

バチェラー「でも俺、一個だけ言うとしたら、あまり見た目で見ていないよ、全然見ていない」

 

若尾「こういのたぶん、皆に強く見られたりとか、最初はたぶんしてて」

 

「でも私は、強いんじゃなくて、環境に慣れている、だけって言うのと、本当は家族と居る時間とか大好きだったんだけど」

 

「やっぱ女で一人、やっぱ東京に出てきて、なんか・・・」言葉に詰まる

 

バチェラーが「うんうん」と優しく頷く

若尾「なんか、そう言う、つらい経験も、やっぱしたから、なんか、強くならなきゃって」

 

「から、たぶん、こういう、いつの間にか、そう被っていた仮面が、なんか剥がれにくくなっちゃったのかなって、思ってて」

 

「それが、いつか・・・」泣きそうになり、涙を流さないように一瞬、バチェラーから表情を横に移し、「うふふ」っと照れ笑いする若尾さん

 

「なんか剥せる人、と、一緒になれたらいいなっと、凄く思っていて」

 

うんうんっと笑顔でうなずき強く抱きしめるバチェラー

 

そして、バチェラーと抱き合っている中、涙を流している若尾さん

 

笑顔でお別れをする二人・・・

大阪から東京に戻った後のネタバレ

4人の女性が待つ、ホテルの部屋に戻る若尾さん

 

若尾「ただいまー」

 

女性達「おかえりー」

 

福良「あれ?ローズは?」

 

若尾「ローズ、ないよ」

 

小口「どこ行って来たの?」

 

若尾「どこだと思う?」

 

女性達「わからん」

 

倉田「プチ海外か、もはや京都か」

 

若尾「大阪」

 

女性達「えー」

 

若尾「なんか、彼の母校、学校を一周回って、後、彼の、親友を紹介されて」

 

女性達「えー」

 

倉田「親友を紹介されたん?」

 

「それ凄くない」

 

若尾「そんな感じのデートでした」

 

「ちょっと二時間と違ってごめんね」っと意地悪な感じで福良さんに話す

 

驚きと動揺する福良さん

 

福良「若、凄いわ」

 

若尾「ちょっと楽しすぎて、なんか、またちょっとそれ夢の中で続きを見たいなって思うから、寝よ」

 

「はぁ?」っと男も顔負けの低音ボイスで喋る女性(おそらく福良さんっぽいw)

 

若尾「ふふふ」

 

倉田「若、いつも寝るもんな」

 

若尾「そー」

 

倉田「すぐ寝ちゃう」

 

若尾「そうなのー、ちょっと夢の中で続きを見て来ます、おやすみー」

 

女性達「おやすみ」

 

翌日、「皆さん、ご機嫌いかがですか?」と、お馴染みの感じで、ホテルの部屋に登場する坂東さん

 

バチェラーからのデートのお誘いが届いてることを伝える

 

坂東「そして、このデートがここ東京の最後のデートとなります」

 

「ラストデートはツーショットデートです」

 

「僕の大好きな場所で、アーバンナイトを・・・」

 

福良「アーバンナイトってなんですか?」

 

坂東「・・・都会ですね」

 

その後、他の4人の女性が笑い出し和やかな雰囲気w

 

「このデートの参加者は・・・小口さんです」

 

アーバンナイトツーショットデートの続きは・・・

 

現在準備中!お待ちください!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!!

 

<バチェラージャパンシーズン2関連記事>
バチェラー2の女性出演者20人のメンバー画像とプロフィールを紹介!
バチェラージャパンシーズン2-1話のネタバレと脱落した女性5人を紹介

スポンサーリンク

ピックアップ関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で