出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

スポンサーリンク

【この記事はDRA(ドラ)が担当】

ドラくんドラくん

バチェラージャパンシーズン2エピソード第3話の夜明け前のスカイツリーでバチェラーとツーショットデートをするネタバレと感想を紹介!

バチェラージャパンシーズン2エピソード第2話では、カクテルパーティー後のローズセレモニーが終了後、坂東工さんがボックスを持って現れる場面で終わりました

 

前回、ローズセレモニーが終わった直後、坂東工さんがバチェラーのメッセージカードが入ったボックスも持って登場

<前回のネタバレはコチラ>
バチェラージャパンシーズン2エピソード第2話のネタバレ

 

今回は、バチェラージャパンシーズン2のエピソード第3話について、ネタバレと感想について紹介しますね〜

ツーショットデート前のネタバレ

坂東工「次回のデートのお誘いです

 

坂東さんが、バチェラーからのメッセージカードを読ませるのを、若尾綾香さんに指名

 

若尾「今回は、ツーショットデートです

 

参加者は・・・野田あず沙さんです

 

信じられない表情をした後に、喜びを隠せずに口元を手で隠す野田さん

 

東京一の夜明けを貴方と共に・・・

 

〜場面はローズセレモニー後の翌日の明け方に切り替わる〜

 

翌日、若尾綾香さんと宮瀬彩加さんが部屋で見守る中、一生懸命に洋服選びをする野田さん

 

野田「でも、チューは嫌だ」「付き合っていない人とチューとか・・・」

 

宮瀬「うわぁ、そう言うの止めて

 

余裕の笑顔で笑う若尾綾香さん

 

宮瀬「待ってるくせに

 

野田「マジだって、本当なの

 

宮瀬「思っているくせに

 

野田「マジだって、だからちょっと、けっこうひいていたの、この間

 

身支度が完了し、外まで野田さんを見送る若尾さんと宮瀬さん

 

若尾「じゃねぇ〜

 

宮瀬「バイバイ、気を付けて

 

野田「行って来ます

 

外のベンチで、今回のツーショットデートについて話している、右手愛美さんと福良真莉果さん

 

右手「だって、2人で行ったら(サプライズローズ)貰う

 

野田さんが二人の近くに登場

 

福良「来た、めっちゃ可愛いんだけど

 

右手「可愛い」「緊張してるの?」っと野田さんに話しかける2人

 

右手「涙目じゃん、大丈夫?」っと笑顔で話し、野田さんと握手

 

野田「朝帰りなので」っと、笑顔でやり取り

 

右手「朝帰り」っと驚き笑顔ので福良さんの身体を掴む

 

福良さんはちょっと険しい表情

 

右手「ちょっと凄いかも」っと福良さんに再び話しかける

 

そして、リムジンに乗り込み、バチェラーの元に向かう野田さん

スポンサーリンク

スカイツリーでツーショットデートのネタバレ

待ち合わせ場所である「スカイツリー」の下で野田さんを待っているバチェラー

 

野田さんが着いたのを確認したバチェラーが、笑顔で両手を軽く振る

 

お互いに少し照れくさそうにしながらも、満面の笑顔

 

バチェラー「それこそスカイツリーって、来たことある?

 

野田「私、登ったことなくて

 

バチェラー「俺もなんだよ、実は

 

野田「あ、ホントですか、ウソ、初めて、ヤッター

 

お互いに初めてのスカイツリーで喜び、両手でハイタッチする2人

 

バチェラー「ちょっと行ってみる

 

野田「はい、行ってみましょう

 

バチェラーが腕を横に出し、野田さんと腕組してエスコートされながら歩き出す

 

野田「あの、なんか、朝、一日の始まりの、朝に誘ってもらえて、凄く嬉しい

 

笑顔で笑いながら喜ぶバチェラー

 

〜バチェラーハウスのベットで話す、宮瀬彩加さんと若尾綾香さんに切り替わる〜

 

宮瀬「(野田)アズアズ(ローズ)貰って帰ると思う

 

若尾「えー(ローズを貰って)くるんじゃない、だって、うん、くるんじゃない

 

宮瀬「嫌やわぁ〜本当無理、どうしよう、朝起きてさぁ、ベットの上にローズがあったら」っと苦笑い

 

若尾「でも分かんない、タンスの中に隠しておくんじゃない」っと笑顔

 

お互いに笑い出す

 

宮瀬「取っておこうかな」っと、バラを取るジェスチャーをする

 

若尾「隠しそう、だって言わなそうだもん、秘密主義じゃん

 

〜場面はスカイツリーに居る2人に切り替わる〜

エレベータのドアが開き、腕を組んで出て来るバチェラーと野田さん

 

野田「凄い、ニヤニヤしそう

 

バチェラー「なんか、ここから、展望回路って言うさぁ、けっこうわりとキレイ

 

歩きながら夜明け前の街並みを一望して興奮する2人

 

野田「凄ーい

 

バチェラー「凄いよね

 

野田「ちょっと、これは凄い、凄い、ここ、貸し切り

 

白テーブルの上に、カラフルなマカロンが皿の上に盛られ、シャンパンが入ったグラスと、真っ赤なローズが一本置かれている

 

シャンパンを持った2人が「カンパーイ

 

野田「初デートに

 

バチェラー「

 

野田「嬉しい

 

良い雰囲気でシャンパンを飲む2人

 

野田「一つ聞きたいことがあって

 

バチェラー「ぜひぜひ

 

野田「なんで誘っていただけたのかなって

 

バチェラー「カクテルパーティー(2回目)あったじゃない

 

あの時に、一番こう、あ、なんかこう、人間的な魅力を感じたのは・・・」っと野田さんの目を見て「アズアズで

 

2回目のカクテルパーティーで、野田さんの行動や印象を振り返る、バチェラーの回想インタビュー

 

他の子達と飲んでいる時に、僕のドリンクが足りていないんじゃないってことを、遠目から見ていて、さぁっとこう持って来てくれて、かつ、他の女の子の分まで持って来てくれて、あのこう他人思いな、あの素晴らしい、動きだなって思って」・・・っとコメント

 

〜そして、再び、スカイツリーの場面〜

 

バチェラー「人としての、魅力を凄い感じちゃった

 

だから今日は、やっぱ人としてって言うか、女性としてどう言う考え方なのか

 

恋愛、結婚、まぁ、これからの人生、そう言った側面を

 

少しでも知れたらいいなぁっと思って

 

こう言うロマンティックな感じで

 

野田「まだみんなはどんな人だろうとか、なんかねぇ、まだ解らないとか言っているけど

 

私は直感的にこの人だなって凄く思って、最初の

 

バチェラー「それはめっちゃ嬉しい、でもなんか本当に最初に会った時から

 

あんまり俺も緊張しなくてもいいんだっていう、なんかこうアットホームさを、いい意味で空気を作ってくれるから

 

野田「私は、林太郎さんは、これから凄く活躍する方だと思っている、全然、もっともっと

 

バチェラー「あ、げ、る、ねぇ〜

 

野田「本当に、こんなところじゃなくて、もっともっと、活躍されると思っているんですね

 

だから、きっと失敗することもあるんですよ

 

でもまぁ、私が居たら大丈夫とか、なんかちょっと、話したくない時でも、まぁこう一緒に居て

 

落ちつくって言うか、やっぱそういう存在になれたら、いいなぁって凄く思っていて

 

まぁ、凄く不安だったのはあって、パーティーしか会えなかったし、そう・・・

 

バチェラー「いま、不安って言うキーワードが出たから、ちゃんと俺なりに、そうね、それを・・・」と言いながら、野田さんの元を一旦、離れる

 

そして、バチェラーが置かれてあった一本のローズを手に取り、それに気づ喜びと嬉しさで泣き出しそうになる野田さん

 

バチェラー「なんかそう見えたかもしれないけど、不安を払拭できるだったら

 

俺個人としては嬉しいと思うんで、あの、ローズを受け取って、いただけますか?

 

一旦、顔を下に向いて上げ、今にも嬉しくて泣きそうな野田さんが「はい」っと頷く

 

野田「えぇー、本当にいいんですかー、ありがとう」っと少し興奮気味で、もう一度「ありがとうございます」と話す

 

バチェラー「今日という時間と瞬間をありがとう・・・」

 

そして恋人の様に、抱き合う二人

 

抱き合ったまま「頑張って良かった一人で」っと野田さん

 

一旦、バチェラーから離れ「本当、一人ぼっちだから、一人にしないでーって感じ」っと話す野田さん

 

バチェラー「あの集団の中でってこと?

 

野田「うん、もう、私は、本当に林太郎さんの嘘か本当か分からない情報を聞かないために、やっぱすごい、孤独だった

 

バチェラー「孤独死しちゃうんじゃないの

 

野田「それは大丈夫、全然、だって」笑顔で手を振って否定

 

バチェラー「孤独死しちゃいそうなさ

 

野田「ストイックさ

 

バチェラー「そう、ちょっと、ホッペにチュウを

 

そして、自然に野田さんのホッペにキスをするバチェラー

 

バチェラー「だからそう、孤独死みたいなことはしちゃ駄目だよ

 

野田「そうだね・・・、もう一回

 

バチェラー「え?

 

バチェラーの口元に、自分のホッペを嬉しそうに近づける野田さん

 

もう一度、ホッペに先より長めのキスをするバチェラー(強制的な感じもw)

 

バチェラーの肩に頭を委ねる野田さん

 

そして、外を見るとキレイな朝焼けが見えてくる

 

二人「キレイ

 

野田「すごい、見て

 

貰ったローズを自分の顔の前に手で持っていき、「えー、でもー、なんかー、凄い、気持ちが楽になった、ありがとう」っと笑顔でお礼を言う野田さん

 

良かった良かった」っと野田さんの腰に自然と手を回すバチェラー

 

野田「なんか、それでいいんだよね?

 

バチェラー「それでいいんだよ

 

野田「そうだよね

 

バチェラー「そうだよ

 

手を繋ぎゆっくりと歩き出す二人

 

野田「凄い、やっぱ凄い、本当にヒーロー

 

バチェラー「ヒーロー?上げすぎでしょう、俺のこと」っと笑い出す

 

野田「だって、そうなんだもん

スポンサーリンク

バチェラーハウスに戻る野田さん

朝食を食べている皆が待つバチェラーハウスに朝帰りする野田さん

 

右手「いやー、どんな顔で帰ってくるのか

 

倉田「ねぇー

 

女性メンバー「ホンマやでぇー

 

宮瀬「ローズいったかな?

 

女性メンバー「車来たよ」、「来た来た来たー」、「帰って来た

 

女性メンバーが反応し、車から降りて来た野田さんに注目する

 

右手「あ、あーーー」っと、野田さんが手を後ろに組み、ローズを持っているのではないかと想像し興奮する

 

女性「後ろやっているー!」、「後ろに持っているやん!」、「貰った?」、「そういうフリをしているだけかもよ!

 

女性「おかえりー」「おかえり〜

 

野田「ただいまー」っと言った後に、後ろに隠していたローズを目の前に出す

 

女性「うわぁー」、「うわぁー」、「うわぁー

 

皆が座っているリビングのソファーに座る野田さん

 

野田「本当に私、カクテルパーティでしか、(バチェラーと)接してなかったんだけど

 

それ以外の時間、初めてだったから、なんかねぇ、本当にねぇ

 

分かった、理解した、彼のこと」っとドヤ顔

 

そう、なんか(岡田)茉里乃ちゃんに対する、なんかスキンシップが、けっこうさ、ビックリだったと思うの

 

うんうん」っと頷く女性達

 

野田「でも、それってなんか、愛情表現だなって凄い、てかなんかそれを別に

 

皆がワーキャー言うことなかったって、私も全然あったし」っと話す

 

女性「えぇ

 

野田「あの、キス、キスはあったし

 

隣に座る岡田さんが苦笑いする

 

女性「ほっぺ?」、「え!」、「ええ!!

 

野田「キスに関しては、一つだけ答えるとすると、一回じゃないって言うとこまでにしておいて欲しい

 

周りの女性達が「ええぇー」っと驚きの表情や、笑い出す

 

女性「凄ーい」、「一回じゃない?

 

野田「それ以上はちょっと

 

福良「え、どこに?」っと、自分の指を唇に当て、ココっとジェスチャで野田さんに確認

 

野田「一回だけじゃないことにしとこ、ちょっと

 

宮瀬「余計、気になるって

 

驚いて口が開き手で覆う長野真琴さん(個人的に可愛くてスキw)

 

頭を抱える右手愛美さん

 

不満げな表情になる倉田茉美さん(結構、タイプですw)

 

そして、その場にいつも通り予告もなく坂東工さんがさっそうと登場

 

もちろん、バチェラーのメッセージが入ったボックスを抱え、今回は、坂東さんが読み上げます

 

その内容は・・・

スポンサーリンク

エピソード第3話のネタバレ感想

それにしても野田さん、デートに行く前は、「チューは嫌だ」、「付き合う前にチューは嫌だ」って言っていたけど・・・

 

不意打ちにバチェラーからキスをされ、「もう一回」っておねだりしていましたよねw

 

他の女性達には、「キスは一回だけではない」っと、ホッペじゃなく唇にされたことを連想させ、さらには自分からおねだりしておいてそれを言わず

 

また、バチェラーとのデート中、他の女性を蹴落として自分を上げる・・・なかなか戦略でしたたかな一面をもっていますね〜ww

 

なお、大勢の女性たちの間では思いっきった行動はしていませんでしたが、二人になり一気に距離を縮めましたよ〜

 

間違いなく、バチェラージャパンシーズン2の主要キャラなイメージで、最後まで残りそうな予感がしますww

 

エピソード第3話の続きのネタバレは・・・現在、製作中(苦笑)

 

お待ち下さい!!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!!

<バチェラージャパンシーズン2関連記事>
バチェラー2の女性出演者20人のメンバー画像とプロフィールを紹介!

スポンサーリンク

ピックアップ関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で