出典:https://mdpr.jp/news/detail/1732101

スポンサーリンク

【この記事はDRA(ドラ)が担当】

ドラくんドラくん

バチェラージャパンシーズン2エピソード第2話の後半で、運命のカードを選んでバチェラーとグループデートが出来たチーム、そしてその後のグループデート、カクテルパーティー、ローズセレモニーのネタバレについて、紹介しています!

バチェラージャパンシーズン2エピソード2の前半では、岡田茉里乃さんがバチェラーとのツーショットでバスケットデートをし、夜には夜景をヘリコプターで見ながら、打ち上げ花火と、サプライズローズと、バチェラーからのホッペにキスをもらう

 

エピソード第2話(前半)の内容については、以下の関連記事でチェックできますよ〜

<バチェラージャパンシーズン2の関連記事>
バチェラーシーズン2-第2話(前半)のネタバレとデートした女性を紹介!

 

そして翌日には、前日にツーショットデートをした岡田さん以外の女性全員(14人)が、バチェラーからのグループデートに招待される

 

が、トランプのカードで、ダイヤ、スペード、ハートの3つのチームに分けられ、バチェラーと同じカードの種類を選んだチームが、「運命」としてグループデートに行くことになった

 

<ダイヤチーム>
・倉田茉美
・福良真莉果
・桃田奈々
・安藤きらり
・宮瀬彩加

<スペードチーム>
・右手愛美
・若尾綾香
・岩永幸子
・長野真琴

<ハートチーム>
・野田あず沙
・小口那奈子
・大野愛友佳
・渡邉優
・西村由花

 

一人でヨガをしている岡田さんが待つバチェラーハウスに支所に戻って来たリムジンに乗ったチームは・・・「スペードチーム」の四人でした〜

 

そして、バチェラーが手にしていたカードは、「ダイヤ」と「ハート」のどちらか?

 

今回は、バチェラージャパンシーズン2エピソード第2話の後半ネタバレについて、紹介しますね〜

 

※本編では、スタジオで見守る、今田耕司さん、オリラジでレディオフィッシュの藤森慎吾さん、AKB48とHKT48のメンバーの指原莉乃さんのトークが観れますので、アマゾンプライムビデオはオススメですよ〜♪

スポンサーリンク

ナイトクルージング・グループデートのネタバレ(後半)

バチェラーが手にして持っていたカードの種類は、「ハート」ではなく、「ダイヤのキング」でした

 

<バチェラーの振り返りインタビュー>
「近付いて行くにつれて、5人の女性たちの顔が見れて、これが、運命の組み合わせなのかなぁ〜と思うと、とても楽しみが増していきました」

 

「今回のデートは、都会の夜景を楽しむ、ナイトクルージングデートです」

 

「陸地を離れて、隔離された空間で、より女性陣達のリラックスしたその表情が見えるんじゃないかな〜と思って、そのデートプランにしました」

 

夕日が落ちる時間帯、ダイヤのカードを引いた5人の女性達が、バチェラーが待つサンセットに登場

・倉田茉美さん
・福良真莉果さん
・桃田奈々さん
・安藤きらりさん
・宮瀬彩加さん

 

笑顔で少し疲れた表情の福良さんが「やっと会えた〜」と、一番最初にバチェラーに話しかけ強く握手

 

そして、ナイトクルージングが開始

 

その頃、バチェラーハウスでは、長い時間(3時間)ドライブして帰って来たと、ハートのカードを選んだ女性の一人が話す

 

その後、再び、坂東工さんがボックスを持って現れる

 

<坂東工>
「みなさん、おかえりなさい」

 

「みなさんに、バチェラーから、あらたなデートのお誘いです」

 

「それでは、西村さん」っと、西村由花さんにメッセージカードを読ませる

 

<西村由花>

「いきます」

 

「今回は、グループデートです」

 

「参加者は、岩永幸子さん、長野真琴さん、小口那奈子さん」

 

「幻想的な海の世界で、感動と興奮を楽しみましょう」

 

出かける準備をする三人が立ち上がると、「もういい、これ私の」っとテーブルにあるお菓子を取り、やけ食いをする右手さん

 

場面は切り替わり、再び、ナイトクルージングのグループデートをする6人

 

テーブル席に座り食事をしながら6人で談笑し、福良さんの存在感の話になり盛り上がる

 

その後、バチェラーと5人の女性と順番にツーショットでそれぞれトーク

 

番組でメインに取り上げれた一人目の女性は福良さん

 

<福良真莉果>
「恋愛において、計算とか駆け引きとか、そう言うの全くできないの」

 

「ただ一番に大事にしているのは、今の気持ちそれだけ」

 

「リンちゃんは、今の気持ちを大事に生きているんだなっと思った」

 

<バチェラー>
「やっぱり、自分の感情、感覚、忠実に生きようと思って」

 

<福良真莉果>
「私は正直、同じだなっと思った」っと想いを伝える

 

驚いた表情のバチェラーは共感できる相手で嬉しい表現でハグをする

 

次に登場したのは倉田さん

 

これ見てっと自分が引いたダイヤのエースのカードをバチェラーに見せる

 

<倉田茉美>
「私、なんだろう、今日のゲームを聞いた時に、運命って聞いて、で一番最初、現れた時に、ここのバチェラーに出て、運命の人を見つけたいって言ったじゃないですか、前から、私も、ここで出会った相手が、運命の人やと思うから、どんな人が来ても大丈夫ってホンマにずっと言ってて、今日、ほんで、運命っていうカード引くんやけど、運命って自分で切り開くと思っているから、残っているカードを取りたくなくて、一番最初に引いた」

 

エースのダイヤを引いて、絶対に会えると思ったことを言いたくてと思ってと伝えると、バチェラーから片手を差し出されハイタッチ

 

倉田さんが本気でこの場に立っていることをバチェラーは感じる

 

最後は、再び5人の女性とバチェラーが向かい合う

 

バチェラーが一旦その場を離れ、心が動いたことでサプライズローズを渡すため、ローズを手に取り戻って来る

 

<バチェラー>
「今日のテーマは運命、そのテーマに忠実に、渡したいなぁ〜と思っていて、このバラはですね・・・茉美さんにバラを受け取って貰えますか」と話し、倉田さんにサプライズローズを渡す

夜の貸し切り水族館デートのネタバレ

リムジンに乗り込み、グループデートに向かう三人の女性(岩永幸子さん、長野真琴さん、小口那奈子さん)

 

<バチェラーのデートについてのソロインタビュー>
「今回は、夜の水族館を貸し切って、ロマンティックな環境の中で、女性陣達の素を見れるような、デートにしていきたいなと思っています」

 

<長野真琴のソロインタビュー>
「水族館はすごく久し振りだったので、すごく嬉しいです」

 

<岩永幸子のソロインタビュー>
「今日のデート最高ですね、なんかすでにめっちゃ癒やされています」

 

<小口那奈子のソロインタビュー>
「私がダイビングが好きで、連れて行って欲しいな〜とアピールをします」

 

<バチェラー>
「さっそく、僕達だけのイルカショーを楽しみたいと思って」

 

四人で夜の貸し切りイルカショーを楽しむ

 

その頃、ダイヤを選んだグループデート組がバチェラーハウスに戻って来て、サプライズローズを貰った倉田さんに女性一同が注目する

 

そして、再び坂東さんが訪れ、バチェラーから指名された3人がグループデートに行ったことを知る

 

ダイヤのグループ女性達は、偶然に選ばれた自分達とは違う為、少し複雑な表情

 

一方、夜の水族館グループデート組は、一旦、ツーショットデートを楽しむことになる

 

最初は長野さんとバチェラーの2人で、一緒に横並びでメリーゴーランドに乗り、バチェラーが手を貸してと言い手を繋ぐ

 

個人的に、着物姿のギャップか、私服の長野真琴さんがメッチャ可愛い♡

 

メリーゴーランドから降りて、「大したものしゃないけど」っと前置きをした長野さんが、バチェラーに手作りのお守り(つまみ細工)を渡す

※つまみ細工=着物とかの頭飾りに使うお花

 

二人目は、「ライトが変わるだけで全然雰囲気が変わる」っと大人なムードでツーショットタイムを楽しむ岩永さん

 

<バチェラー>
「ダイエットインストラクターとは、いわゆるダイエットの豆知識を」っと話し

 

<岩永幸子>
「1級も2級もインストラクターの資格を取った」ことをアピールする

 

<バチェラー>
「今度さ、ダイエット中でも食べられる料理を教えてもらうとかさ、ぜひ、師匠として弟子入りしたいですよね」

 

長野さんの時とは違って、少しバチェラーと岩永さんの緊張と距離がある感じがしました

 

最後は、「めっちゃダイバーなんですよ、私」っと手を繋いで歩きながら水族館で泳いでいる魚を見て話す小口さん

 

ベンチに座りバチェラーが「英語圏に住んでそうな感じがする」と話しかける

 

<小口那奈子>
「1年間だけアメリカに居た」

 

「17歳の時に超ローカルな高校に一年間だけ交換留学していた」

 

しきりに一緒に居ると楽しめそうな感じがすると話すバチェラー

 

そして、四人集合し、「お疲れ様でした」とバチェラーが声をかけ乾杯した後・・・

 

<バチェラー>
「最後の俺なりの儀式が、ありまして」

 

「僕の中のテーマの素をもっとみたいなっと思って、それをこう見せてくれた、那奈子さんにあげたい」

 

バチェラーがサプライズローズを小口さんに渡す

 

<ローズを渡した理由についてバチェラーのソロインタビュー>
「本当に彼女は、もっと仲良くなれ、もっと気が合うんだろと言うことが自然と想像できて、そこが本当にその夜の一番記憶に残っていることですね」

スポンサーリンク

エピソード2のカクテルパーティーネタバレ

エピソード2話でサプライズ貰った女性は三人、岡田さん、倉田さん、小口さん

 

デートに行けなかった6人は、右手愛美さん、野田あず沙さん、大野愛友佳さん、渡邉優さん、西村由花さん、若尾綾香さん

 

<バチェラーのソロインタビュー(カクテルパーティについて)>
「残念ながらデートに行けなかった6名の女性と、出来る限り、時間をゆっくり過ごしたいなぁ〜と思っています」

 

「最高の夜に向けて、乾杯」っとバチェラーの一声でカクテルパーティー開始

 

乾杯後、バチェラーがみんなドレスが違っていいね〜と話したことを話題に、「どのドレスが一番ステキですか?」と右手さんがバチェラーに質問

 

「この色凄く合う、メイクとドレスが・・・」と、右手さんのドレスを褒めるバチェラー

 

喜ぶ右手さんが、「最初の二人っきり貰っていいいですか?」っと、強引にツーショットトークに誘う

 

<バチェラー>
「本当にお世辞抜きで言うけど、本当にキレイ」

 

満面の笑みで照れて笑う右手さ

 

そして、本気でバチェラーに向き合っている姿勢を猛烈にアピール

 

ツーショットトークが終わり部屋に戻ると、手を上げて「小柳津さん行きたい」っと、ツーショットしたいことをアピールする渡邉さん

 

その元気な姿勢に「反応が素直だよね」っと褒めるバチェラー

 

緊張するため伝えたいことをメモに書いてアピールする渡邉さん

 

メモがグチャグチャで見せれないけどと前置き

 

<バチェラー>
「そういうところ可愛いよね」

 

<渡邉優>
「聴かせたい曲、ありがとうと思う時に歌いたい曲だから、もうちょっとデートとか重ねて、お互いのこと知ってから、歌いたいと思う」

 

数ある少ない機会の中、いま、歌わないとダメでしょうwww

 

部屋の中では、「一回(外で)涼んでくるね」っと、隣に座っている若尾さんに話す大野さん

 

実は、今回、外で一人待つ行動をして、バチェラーに気を向かせる作戦を立てていた大野さん

 

外でツーショットトークをしている2人に気付かせるように、ドアを少し強く締めて歩く大野さん(あざといw)

 

その様子を部屋で見ている他の女性達(抜け目ないww)

 

気になるバチェラーは、渡邉さんとの話を早めに終わらせ、外に一人居る大野さんの元に向かう

 

渡邉さんは「邪魔されたー」っと他の女性に話し、「うわぁ〜作戦」っと話す女性や、大野さんの行動に険しい表情を浮かべる女性達

 

その中、少し心配そうな表情を浮かべる野田さん

 

<野田あず沙の振り返りソロインタビュー>
「邪魔が入れば、時間も限られているし、終わっちゃんだと思うと、すごい見ちゃった」

 

<バチェラー>
「せっかくなので、水上でも行きましょう」と大野さんを誘う

 

<大野愛友佳>
「みんなの方は向きたくないから」っと話す(一応は自分が取った行動に対して理解している模様ww)

 

大野さんは赤いドレスを着ていたため、部屋に居る野田さんや西村さんが、赤いドレス⇨ローズ⇨ローズを貰うと妄想し焦る

 

バチェラーと大野さんが話しているのを、どうやって無理なく邪魔できるかと考える西村さん(行け行け!)

 

<野田あず沙の振り返りソロインタビュー>
「見ると嫌なんだけど、見ちゃう、だってそこに居るんだもん、ずっと会えてなかったですよ、久し振りに会えたら、見ちゃいますよ」(野田さん可愛いw)

 

そして我慢できない西村さんが外に出て、野田さんも直ぐに立ち上がり後ろについて行く

 

「りんちゃん、喋ろう」っと大きな声で呼ぶ西村さん

 

「喋る、ちょっと待っていて」と応じるバチェラー

 

「待ってる」と右手でソファーがある席を指差し、バチェラーも「OK」と応じる

 

話しかけるチャンスを失った野田さんは、潔く後ろを振り返り部屋に戻る(潔く素敵です)

 

帰る様子に気づいた西村さんは「アズアズ」と呼びかけ、「大丈夫」と応じる野田さん

 

<野田あず沙の振り返りソロインタビュー>
本当は、「私も次っと言おうと思ったが、言えなかったんですよ、言えずに戻っちゃって、あの時けっこう、あ、ダメだと思って、どうしようと思ったんだけど、言えなかった、しょうがない」

 

<大野愛友佳>
「目でさ、追ってたの分かった、めっちゃ見てたの、みんなでずっと話している時に、ずっと見ていたんだよ、(大野)愛友佳が、林太郎さんのことをずっと見てたの、ガン見していたからね、目が合った時に、うんってやろうと思ったけど、駄目だった」(このタイプの女性は、ワガママな印象を感じますね〜)

 

大野さんと話し終えたバチェラーは部屋まで送り、手に持つシャンパーンをクイッと飲み干すのに気づいた野田さんが立ち上がり行動に出る

 

西村さんのところに向かうバチェラー、乾杯をすると「おいで」っと12歳も年下の西村さんに誘われ「はい、行きます」っと答えるw

 

<バチェラー>
「ノリが良いよね」

 

<西村由花>
「なんの?(西村)由花の?」っと少し強い口調

 

バチェラーが握手をしようと手を出すと・・・

 

<西村由花>
「正直な話をしていい?」

 

「ちょっと、(手を繋ぐ)そういうの嫌だ」

 

一旦、手を引き謝り、「握手のつもりだった」ともう一度手を出すバチェラー

 

今度は、「いいよいいよ」と握手に応じる西村さん

 

手を繋いでいると「もういい?」と西村さん

 

<バチェラー>
「冷たい」っと苦笑いで話す

 

「軽いつもりはないよ」と話す

 

<西村由花>
「嫉妬しちゃうの」っと話す

 

「りんちゃんのパーソナルな部分だから、それに対しては否定はしないけど、単純に西村が、もうちょっと、西村自身のデリケートだから」

 

バチェラーが、なだめようと腰に手を当てると

 

<西村由花>
「そう言うの!りん!いい加減にしろ!マジで!」っと強い口調で責める

 

バチェラーが仕切り直し、「このぐらいのスタンスで」と少し距離を取る

 

「そうそうそう」と話す西村さん(確実に脱落決定したような気がw)

 

そこに両手にシャンパンを持ち、西村さんに「おかわり」だけいい?と確認する野田さん

 

<バチェラーの振り返りインタビュー>
「(野田さん)なんて、気が利く人なんだと、非常に印象に残っています」

 

<野田あず沙>
「凄く疲れてると思うから」

 

「ニシ(西村)のも置いておこうか」とアイコンタクト

 

「あの、林太郎さんのペースでいいので、無理されないように、お時間があったら話せたら、待ってます、信じてます」

 

直ぐにその場を離れる野田さん(これは、かなりポイント高いですよw)

 

二人きりに戻った後、「ちょっと、平和条約を結ぶか」っと、個性的なコメントをする西村さん(面倒くさそうww)

 

「乾杯でもしておきますか」っと応じるバチェラー(この手のタイプの女性は、知り合いとして一緒に居ると面白いけど、友達や恋人としては疲れそうww)

 

<西村由花>
「握手して、ちゃんと、平・和・条・約・っと言おう」

 

「いいよ」としか言えないバチェラーwww

 

西村さんから開放されたバチェラーは、野田さんのところに向かう

 

見つめ合う2人は、喋る前からとても良い雰囲気に

 

野田さんがシャンパンを両手に持っているに気を利かして、すでに持っているシャンパンを一気に飲み干すバチェラーに、心配しながらもちょっと嬉しそうな野田さん

 

すでに恋人な雰囲気の感じで、部屋から少し離れた場所にあえて誘うバチェラー(誰にも邪魔されたくないのかなwww)

 

これまで話せなかった経緯と事情を伝え、(野田さんが)第一印象から良かったことを話すバチェラー

 

野田さんが、「私は逆に、一方的に伝え過ぎたと思って」と話すと、番組の企画上で仕方ないと話し、腰から肩に手をさすり、野田さんを宥めるバチェラー

 

<野田あず沙>
「私は強いの、負けたら負けたで、皆を引っ張っていかないといけない立場だから、チームの看板を背負っているので、泥を塗るようなことはしたくないし、やっぱ出るからには、あそこのチームのチアリーダを一生背負っていくから、やっぱファンの人も、グランドを降りた後も、アズサちゃんには凄く支えられたから、絶対に幸せになってねって、本当に言われていて、だから、私も幸せにならなきゃなって思って・・・」っと、チアに対する責任感と覚悟をバチェラーにアピール

 

皆が待つ部屋に戻ると、バチェラーは若尾さんを笑顔で強い目線を送る

 

<若尾綾香の振り返りのソロインタビュー>
「凄い目線がきていたんですね、あ、これ誘われちゃうと思ったんですよ、でも私は、まだツーショットはしたくなかったんですね」

 

バチェラーが「一緒にちょっと、時間を過ごしていただけませんか?」と誘い、「喜んで」っと応じる若尾さん

 

が、外から坂東さんが訪れ終了の合図の鈴を鳴らす

 

<若尾綾香の振り返りのソロインタビュー>
「もう、ナイスタイミングで、坂東さんが現れて、チリンチリンチリンって鳴った時に、ヨッシャって、思いました」

 

坂東「えぇー、残念ですが、パーティーは以上となります」

 

<若尾綾香の振り返りのソロインタビュー>
「お預けです、余計、お話したくなるでしょう、この子は何なんだろうって言う、ハテナがたくさん出来たと思うんですよ、今回ので、だから本当に作戦通りと、ナイスタイミングで、私は凄く嬉しかった、もう笑顔しかないです」

 

坂東「後は、ローズセレモニーを残すのみです、参りましょう」

 

バチェラーと坂東さんがいなくなると若尾さんが他の女性達に、「私の出番はまだまだこれから、もう皆、私の物語のためにありがとう」っと嫌味なセリフ

 

その言葉にイラッとした安藤きらりさんが「すぐ終わる物語だよ」っと反論(ナイスツッコミww)

 

そして、ローズセレモニーに・・・

エピソード2話のローズセレモニーのネタバレ

15人中受け取れるローズは13本で、すでに3本(3人が)受け取っているため、残り12人中10人が選ばれ2人が脱落する

 

<デートで受け取った三人>
・:岡田茉里乃さん
・:倉田茉美さん
・:小口那奈子さん

 

<名前を呼ばれてローズを受け取った順番>
1人目:若尾綾香さん
2人目:野田あず沙さん
3人目:右手愛美さん
4人目:桃田奈々さん
5人目:安藤きらりさん
6人目:宮瀬彩加さん
7人目:長野真琴さん
8人目:岩永幸子さん
9人目:福良真莉果さん
10人目:渡邉優さん

 

<ローズを受け取れず脱落した2人>
・西村由花さん
・大野愛友佳さん

 

バチェラーが2人を選ばなかった理由としては、以下のことを話しています

 

西村さんを選ばなかった理由としては、「理想とする男性に近づけていない」

 

大野さんに対しては、「素で当たって来てくれてるのか分からなくて」

 

まぁ〜、カクテルパーティーの内容を見てると、だいたい予想はできましたがwww

 

「素の部分を出している人」、「価値観が合う人」、「気が利く人」、「魅力的な人」、「一緒に居て楽しい人」・・・こんな部分がある人が残った気がしますよ〜

 

そして、直ぐ様、坂東さんがボックスを持って来て、次回のツーショットデートに対して、バチェラーからのメッセージカードを若尾さんに読ませる

 

<若尾綾香>
「ツーショットデート・・・」と、話しかけているところで、でエピソード2話が終了

スポンサーリンク

まとめ

エピソード第2話で、バチェラーと一番最初のデートをしたのは、前回、カクテルパーティーでファーストインプレッションローズを受け取った「岡田茉里乃」さん

 

デートの内容は、バスケットコートでバチェラーとバスケを楽しむ

 

デート後にバチェラーと分かれてリムジンに乗りたどり着いた場所は、正装したバチェラー居る白いヘリコプターが置かれた場所で、夜景を見ながら打ち上げ花火が上がり、最後はサプライズローズを受け取る

 

翌日のトランプのカードでバチェラーと同じ「ダイヤ」を引いた倉田茉美さん、福良真莉果さん、桃田奈々さん、安藤きらりさん、宮瀬彩加さん達と、サンセットでナイトクルージングのグループデートをし、ツーショットトークで今回のテーマの「運命」を強く感じた倉田さんがサプライズローズを受け取る

 

同日夜には、夜の貸し切り水族館グループデートに、岩永幸子さん、長野真琴さん、小口那奈子さんがバチェラーから指名され、ツーショットトークで好印象を与えた小口さんがサプライズローズを受け取る

 

カクテルパーティー後のローズセレモニーでローズを受け取った14人の女性は、若尾綾香さん、野田あず沙さん、右手愛美さん、桃田奈々さん、安藤きらりさん、宮瀬彩加さん、長野真琴さん、岩永幸子さん、福良真莉果さん、渡邉優さん

 

ローズを受け取れなかった脱落した2人の女性は、西村由花さん、大野愛友佳さん

 

エピソード第3話はどんな風になるのか楽しいですね〜

 

エピソード第3話については、以下の関連記事から続きが読めますよ〜

<バチェラージャパンシーズン2関連記事>
バチェラージャパンシーズン2-3話(スカイツリーデート)ネタバレ感想

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!!

 

<バチェラージャパンシーズン2の関連記事>
バチェラージャパンシーズン2-1話のネタバレと脱落した女性5人を紹介
バチェラー2の女性出演者20人のメンバー画像とプロフィールを紹介!

スポンサーリンク

ピックアップ関連コンテンツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で